> 会社案内

会社概要

会社名 株式会社読売情報開発大阪
所在地 〒530-8586 大阪市北区野崎町5番9号 読売大阪ビル8階
電話番号 06-6364-7896(代)
設立 1968年(昭和43年)2月5日
資本金 3,000万円
年商 77億円(2017年3月期末)
株主 読売新聞大阪本社(100%)
事業内容 読売新聞大阪本社の販売政策に沿った販売促進活動、販売店(YC)向け各種資材・省力機器、宣伝広告物、販促商品の開発と斡旋、各種損害保険の代理業および生命保険募集業、新聞購読料等の集金代行。生活情報紙“読売ファミリー”の編集・制作と各種イベントの企画・開催ほか多彩な業務を行っている。
従業員数 120人(2017年6月現在)

役員構成

代表取締役社長 轟 一則(YC業務本部担当)
常務取締役 梁瀬 秀則(総務本部・読売ハートサービスセンター担当)
常務取締役 岩坂 康浩(読売ファミリー事業本部担当)
取締役 牛田 順三(即売本部担当)
取締役 尾後家 康秀(購読推進本部担当)
取締役 国松 徹(読売新聞大阪本社 専務取締役 総務経理局長 関連会社担当)
取締役 西嶌 一泰(読売新聞大阪本社 取締役 役員室長 コンプライアンス・広報担当)
取締役 原 文雄(読売新聞大阪本社 取締役 販売局長)
取締役 市川 宗雄(読売新聞大阪本社 販売局総務)
監査役 井上 和久(読売新聞大阪本社 常勤監査役)
監査役 山﨑 正(読売新聞大阪本社 総務経理局総務)

沿革

昭和43年2月 大阪読売販売開発株式会社を創立(資本金200万円)
大阪市北区野崎町77番地(読売新聞大阪本社内)で事業を開始
昭和47年10月 読売新聞直配所対象とする損害保険、代理店業務を開始
昭和48年4月 読者に新サービスを提供するため、通販、レジャー、教養、保険事業などを中心とした「読売ファミリーサークル(YFC)」を設立
昭和49年10月 YFC会員(20,000名を突破)へのサービス向上とコミュニケーションを深めるため、「YFCニュース」を発行
昭和50年1月 省力機器(新聞チラシ折込機)の取扱い開始
昭和53年9月 「読売ファミリー」をYFC(読売ファミリーサークル)のA4判変形、オールカラーの会報誌として創刊
昭和54年10月 「YFCニュース」を「よみうりファミリーニュース」に衣替え。タブロイド判8ページ建て(現在は12ページ)に刷新
本格的生活情報紙として京阪神、兵庫、滋賀、奈良、和歌山エリアに配布
昭和56年3月 資本金を800万円とする
昭和58年3月 「よみうりファミリーニュース」の題字のデザインを刷新、タイトルも「YFC・読売ファミリーニュース」と改める
昭和59年9月 資本金を2,000万円とする
昭和60年1月 読売ファミリーサークルを「株式会社読売ファミリー・サークル」として独立会社となる
販売促進部を「読売企画開発株式会社」として分離独立
「YFC・読売ファミリーニュース」の題字を「読売ファミリー」に変更
昭和63年6月 (株)ファミリーアド(現(株)読売アド・プランニング)と資本提携
平成2年5月 日本ABC協会加盟。読売ファミリーの部数公査開始。発行部数1,488,071部(1990年4~6月平均部数)
平成4年1月 伊賀上野I.C.ビル竣工(現YC伊賀上野)
平成4年9月 読売I.C.ビルを購入、改築完成披露(現読売中央販売店舗ほか入居)
平成5年7月 資本金を3,000万円とする。国内旅行業登録、事業部で業務開始
平成6年9月 新事務所へ移転。本店所在地を大阪市北区野崎町5番9号、読売大阪ビル内へ変更
平成6年10月 社名を「株式会社読売情報開発大阪」と変更
文化センター部及び9営業所を別法人化、「株式会社大阪よみうり文化センター」として分離独立
平成7年4月 読売ファミリー月4回刊
平成9年8月 日本生活情報紙協会が発足。当社社長が副会長に就任
平成12年3月 都市と農山漁村の交流体験施設やその取り組みを紹介したガイドブック「グリーン・ツーリズム~家族で遊ぶ~近畿ふるさとガイド」を出版
平成12年10月 懸賞情報紙「ゲッツ」の編集・制作を引き継ぐ
平成13年4月 株式会社読売ファミリー・サークルを吸収合併
平成15年2月 会社の「信条」を制定。社員大会で発表
平成16年4月 クロスワードペーパー「ぱぱら」発行(約10万部)
平成16年5月 文化庁後援「読売ファミリー童話大賞」募集
平成16年6月 当社社長が日本生活情報紙協会会長に就任
平成16年8月 アテネ五輪でPDF号外発行(計9回発行)
平成16年11月 「ミズノオールスポーツバザール」開催
  読売ファミリー童話大賞表彰式
平成17年8月 読売ファミリー900号を刊行
平成17年9月 読売ファミリーの「元気!シニア号」(2か月に1回発行)を「読売レッツ」とし、毎月1回発行に改める
平成18年1月 読売ファミリーキャラクター「よみファ」決定
読売新聞の学生向け会員サークル「読売キャンパス・ランサーズ」のホームページ更新と事務局を委嘱される
平成18年4月 コンプライアンス委員会規定を制定
平成18年5月 「よみファ」主人公の4コマ漫画スタート
平成18年6月 読売生活サポートの事務局を読売新聞より委嘱される
平成19年4月 読売新聞「伝統芸を訪ねる会」の会員組織を運営
平成19年9月 読売ファミリー通巻1000号記念事業「ためしてナットクウオークスペシャル」開催
平成19年11月 酒類販売業の免許取得
平成20年1月 ネット通販「よみファショッピングモール」開設
平成20年2月 会社創立40周年、読売ファミリー創刊30周年の社員大会開催
平成20年4月 営業推進事務局スタート。(YCのサポート体制強化)
平成20年5月 ミズノスポーツバザールで元プロ野球選手「金村義明のトークショウ」開催
平成20年6月 読売ファミリー創刊30周年とラジオ大阪開局50周年記念企画「ラジオ大阪アナウンサーと行く淡路島のハモを食べるバスツアー」開催
平成20年10月 読売ファミリー創刊30周年記念「わくわくウオーキング大阪下町を歩いて!食べて!遊んで!」開催
平成20年12月 「イトキン・ファッションバザール」開催
平成21年2月 「振り袖&きもの大感謝祭」開催
平成21年4月 あなたの“知っ得”情報紙「読売ファミリー」、懸賞情報紙「よみうりゲッツ」、パズル専門紙「ぱぱら」を大幅リニューアル
平成21年7月 「読売ファミリーめちゃ得 ブランドリセール市」開催
  「読売ファミリー」公式サイトのよみファドットコムを開設
平成21年9月 「第1回読売ファミリー カラオケ歌謡選手権」の準決勝大会を5会場で順次開催
平成21年10月 「龍馬・幕末ウオーク」を平日に開催、約1,000人が参加
yomiDr.(ヨミドクター)の営業支援事務局をスタート
平成21年11月 「第1回読売ファミリー カラオケ歌謡選手権」の決勝大会を大阪市中央公会堂で開催
平成21年12月 「イトキン・ファッションバザール」開催
平成22年2月 「振り袖&きもの大感謝祭」開催
平成22年3月 「龍馬・幕末ウオーク 第2弾」開催
平成22年4月 月に1回「イッ得クーポン」を読売ファミリー紙面に掲載
  万博公園月刊広報紙「エコパーク」(カラー刷り、タブロイド判4頁)の受注制作開始
平成22年5月 「ミズノオールスポーツバザール」開催、7,017人が来場
平成22年6月 「イトキン・ファッションバザール」開催、8,371人が来場
平成22年7月 「ブランドリセール市&秘密のケンミン館in大阪」開催、4,958人が来場
  「リフォームセミナー」開催、160人が参加
平成22年8月 わいず倶楽部のJJジャズCDを「よみもの得選」で販売
  YC専用「ENEOS・JOMO共通給油カード」に、コスモ石油を加え2社体制に
  読売ファミリーで、新組織「よみファクラブプレミアム」の会員を募集。3日間で定員の5,000人を超えた
  読売ファミリーの紙面割付システムが稼働
平成22年9月 YCに太陽光発電商品(京セラソーラー)の販売を開始。「読売エコスタイル」の実践の一環として取り組む
  よみファドットコムブログ開設
平成22年10月 「そんぽ24」の自動車通販保険開始
  YC看板のLED化を推進
  「龍馬・幕末ウオーク ファイナル」を開催、約1,250人が参加
  「読売ファミリー」公式Twitterスタート
平成22年11月 「第2回読売ファミリー カラオケ歌謡選手権決勝大会」開催、102名が出場
  「ミズノオールスポーツバザール」開催、約7,600人が来場
平成22年12月 「イトキン・ファッションバザール」開催、9,464人が来場
平成23年1月 読売ファミリーでプレーバック「あの日のコボちゃん」の連載をスタート
  額絵のアルバム、額縁の斡旋を開始
  YC持込車両保険の販売を開始
  リフォームセミナー開催、100人が参加
平成23年2月 LED電球をYCに斡旋、YCの設定価格による読者販売を開始
  アニコム損保とペット通販保険をスタート
平成23年3月 3.11東日本大震災。4月13日号の読売ファミリーで震災お見舞い広告。63社が掲載
  読売KODOMO新聞の購読受付を開始。読売ファミリーの紙面でもPR
平成23年5月 「ミズノオールスポーツバザール」開催し「東日本大震災復興支援募金」を行う、8,197人が来場
平成23年6月 「イトキン・ファッションバザール」開催、約8,700人が来場
平成23年9月 セゾン自動車火災保険㈱と代理店委託契約
平成23年10月 株式会社読売ハートサービス大阪と合併
平成23年11月 「高石ともやと行く!秋の京都ご利益いっぱい よみファウオーク」に1,250人が参加
  読売ファミリー紙面リニューアル。嵐やAKB48を登場させた「きらめきインタビュー」が好評
  「セゾン自動車火災」の自動車保険通販開始
平成23年12月 「イトキンファッションバザール」開催
  中古バイク買い取り事業を開始
平成24年2月 「よみファ×阪急大お買い特市」開催
平成24年3月 「よみファ・チャリティーウオークin岸和田」に730人が参加
平成24年4月 YC業務本部に学生新聞の購読契約をサポートする「メイト部」を新設
平成24年8月 人気グループ嵐のメンバー5人全員が登場した読売ファミリー特別号を東京や九州でも発行
読売ファミリーオリジナルキャラクター「よみファ・ヨーネル」決定
平成24年12月 発刊35周年記念で豚まんの具のレシピコンテスト 「豚まん具ランプリ」を実施、応募総数1108に達し、蓬莱本館で決勝大会を開く
平成25年1月 読売ファミリー発刊35周年記念 「SMAP」特集号を発行
平成25年2月 豚まん創作レシピコンテスト「豚まん“具”ランプリ」を大阪難波の「蓬莱本館」と共同で行い、グランプリ作品をスーパー「ライフ」で限定販売
平成25年4月 「読売ファミリー」公式LINE@スタート
平成25年5月 読売ファミリーゆるキャラ「ヨーネル」が「大阪マラソンえ~とこどりウーク2013」でデビュー
平成25年10月 「創立45周年記念植樹会」を奈島県東吉野村で開催
平成25年11月 「ヨーネルパン」を阪急阪神レストランズとの共同企画で開発し「ベーカリーカフェFREDS CAFF」で限定販売
平成26年2月 新聞販売店(YC)所有の軽貨物、乗用車を対象にオート・メンテナンス・サービスを開始
平成26年4月 ヨーネルが坂田利夫さんや吉本新喜劇のメンバーとなんばグランド花月で共演
平成26年6月 ヨーネルの満1歳の誕生日を記念して、よみファウオークのゴール会場の大阪城音楽堂で読売テレビの朝の番組で誕生した「す・またん!バンド」と2300人の観客の前で共演
平成26年6月 よみファケータイクラブ会員3万人突破
平成26年11月 「ヨーネルパン」第二弾をローソンと共同企画。関西エリアのローソン約2,000店舗で限定販売
平成27年4月 「読売ファミリー」創刊以来37年続けてきた横題字を縦題字に変更
  新しいコラムの執筆陣にノーベル賞受賞者の山中伸弥教授や教育評論家の尾木直樹氏、順天堂大学教授の白澤卓二氏が加わる
平成27年5月 組織改定により、メイト部を新設の購読推進室付けとし、メイト部初の出先機関として「メイト四国営業所」を香川県の読売新聞高松ビルに開設
平成28年4月 株式会社大読社と合併
平成29年4月 新しいセールス組織「SP部」を新設

組織図

組織図採用情報

※現在受付は行っておりません。